自治体AI活用コラム

自治体AI活用コラム

くわしく見る
  • 61本

文章生成AIの活用状況について

2024年3月1日より、板橋区では文章生成AIについて、庁内業務での所職員利用を開始しました。 利用開始から1か月経過し、利用者に対しアンケートを実施したところ、プロンプトの作成方法について課題を感じているとの回答が多かったです。 そこでプロンプトの作成のコツなどをまとめ、庁内職員に周知しました。 名付けて「Generative AI News」 今回はその一部をご紹介させていただきます。 内容は大したことないですが、詳細についてご興味のある方は、板橋区IT推進課DX推進

スキ
5

【速報】「自治体AI活用マガジン」がOpen AI社に紹介されました!

横須賀市生成AI推進チームです。速報です。 あのOpen AI社の日本法人、Open AI Japanが始動しましたが、そのイントロダクションの記事の中で、「自治体AI活用マガジン」が紹介されました! 引き続きベストプラクティスの共有の場として盛り上げていければと思っていますので、よろしくお願いいたします! 速報でした。それでは、また。

スキ
30

え?Claude 3、マジですごいかも

M田主任三郎です。 ちょっと感動したので、記事にしました。 まずはこれを見てください。 GPT-4-Turboの場合以下のように聞かれました。簡潔に要約してください。R6のDXヒアリング(週2回)は、会議室内に発送物が山積みだとまずい打ち合わせでしょうか。一斉調査の封詰めと、敬老祝いの銀杯等の発送業務があって、 福祉こども部会議室を使用したいです。ヒアリングの日だけ退出して荷物を隅に寄せておくでは厳しいでしょうか。敬老祝いは、8月末から9月の敬老の日までです。一斉調査は、

スキ
18

チャットGPTを越えてゆけ企画

こんにちは。当別町デジタル都市推進課です。 今回は、新たに挑戦している生成AIの企画について紹介したいと思います。 (参考)当別町のこれまでの取り組みについてはこちら チャットGPTを越えてゆけ企画「チャットGPTだけに囚われず、ものすごいスピードで進化する生成AIの変化に柔軟に対応していこう」 ということで、現在2つの企画にチャレンジ中です。 【第1弾】 特化型GPTの検証様々なところで導入が進んでいる、いわゆる『RAG』の活用です。 準備に少し時間がかかってしまい

スキ
8

横須賀市生成AI推進チーム記事まとめ

横須賀市生成AI推進チームや横須賀市の各部局が書いた記事のまとめです。

くわしく見る

【速報】「自治体AI活用マガジン」がOpen AI社に紹介されました!

横須賀市生成AI推進チームです。速報です。 あのOpen AI社の日本法人、Open AI Japanが始動しましたが、そのイントロダクションの記事の中で、「自治体AI活用マガジン」が紹介されました! 引き続きベストプラクティスの共有の場として盛り上げていければと思っていますので、よろしくお願いいたします! 速報でした。それでは、また。

スキ
30

え?Claude 3、マジですごいかも

M田主任三郎です。 ちょっと感動したので、記事にしました。 まずはこれを見てください。 GPT-4-Turboの場合以下のように聞かれました。簡潔に要約してください。R6のDXヒアリング(週2回)は、会議室内に発送物が山積みだとまずい打ち合わせでしょうか。一斉調査の封詰めと、敬老祝いの銀杯等の発送業務があって、 福祉こども部会議室を使用したいです。ヒアリングの日だけ退出して荷物を隅に寄せておくでは厳しいでしょうか。敬老祝いは、8月末から9月の敬老の日までです。一斉調査は、

スキ
18

Claude 3 Haikuで俳句作ってみた

横須賀市のM田主任三郎です。だいぶ周回遅れですが、先日、ANTHROPICのClaude 3が発表されました。 既に解説記事は色々出ているので、詳細は省きますが…。 性能と軽量さは、基本的にトレードオフです。Claude 3も3パターン用意されました。最も軽量なものから、 Claude 3 Haiku Claude 3 Sonnet Claude 3 Opus があり、この中でも、一番精度の良いClaude 3 Opusは、GPT-4の精度を上回るとされ、ベンチマー

スキ
12

AIの力を借りて横須賀市の取り組みをTED風?に発表してみた

こんにちは!横須賀市生成AI推進チームのM田主任三郎です。 先月になりますが、1月21日(月)と1月22日(火)に、横須賀市が主催する「横須賀生成AI合宿」が開催され、60人の応募枠を大幅に超える100人以上の応募がありました。 お越しくださった皆様はもちろん、残念ながら抽選に漏れてしまった皆様も、我々のイベントにこれだけ関心を寄せてくださり、本当にありがとうございました。 このイベントの中で、僭越ながら横須賀市の取り組みを改めて紹介する発表枠がありました。豪華講師陣に

スキ
36

自治体の生成AIに関するnote注目記事

自治体の生成AIに関するnote注目記事

くわしく見る
  • 22本

【速報】「自治体AI活用マガジン」がOpen AI社に紹介されました!

横須賀市生成AI推進チームです。速報です。 あのOpen AI社の日本法人、Open AI Japanが始動しましたが、そのイントロダクションの記事の中で、「自治体AI活用マガジン」が紹介されました! 引き続きベストプラクティスの共有の場として盛り上げていければと思っていますので、よろしくお願いいたします! 速報でした。それでは、また。

スキ
30

デジタル体験講座 やってみた!

今回は、市内の中学生を対象に、AIを身近に感じてもらうためのデジタル体験講座を株式会社プリマジェスト様、アデコ株式会社様にご協力いただき、開催しました。 今までの記事とは違う毛色の内容ですが、お付き合いください。 アジェンダ中学生が対象なので、授業形式で実施です。 どうせならということで、市職員にも協力いただき、中学生チームと市職員チームに別れ、体験してもらいました。 ホームルーム ホームルームは「社会システムのデジタル化」や「AIとは?生成AIとは?」「AIと仕事

スキ
12

【京都府舞鶴市】庁内活用のために初心者向け動画を作成

はじめまして、京都府舞鶴市デジタル推進課です。 初投稿のため、まずは本市の紹介をChatGPTにお願いしてみます。 ###生成された紹介文### 舞鶴市は、日本の京都府に位置する街で、日本海に面しています。自然の美しさと歴史的な背景を持ち、観光客に人気です。海岸線や山々の景色は見どころであり、新鮮な海産物も楽しめます。舞鶴市は、自然と文化が調和した魅力的な観光地です。 ちょっと当たり障りがなさ過ぎて面白くないので舞鶴市に来ないと楽しめないことをフランクに話してもらいま

スキ
18

AIの力を借りて横須賀市の取り組みをTED風?に発表してみた

こんにちは!横須賀市生成AI推進チームのM田主任三郎です。 先月になりますが、1月21日(月)と1月22日(火)に、横須賀市が主催する「横須賀生成AI合宿」が開催され、60人の応募枠を大幅に超える100人以上の応募がありました。 お越しくださった皆様はもちろん、残念ながら抽選に漏れてしまった皆様も、我々のイベントにこれだけ関心を寄せてくださり、本当にありがとうございました。 このイベントの中で、僭越ながら横須賀市の取り組みを改めて紹介する発表枠がありました。豪華講師陣に

スキ
36